2012年11月25日

吉Pの二年と第七霊災!なの♪(4)

こんばんわ!ココアです♪


今週は旧版が再稼働したので新生αをやったり旧版で遊んだりでした
新生の世界は見ているだけで興味を惹く景色が沢山ありますね
旧版と新生の間で何が起こったのか気になるところですが
そこはやはりα、ネタバレになるようなことは伏せてあるので
両方を比較していろいろ想像する日々だったりです♪

ちなみにみなさん今までのFF14をなんと呼んでいますか?
FF14、根性版いろいろあるようですが、わたしは旧版、旧14と呼んだりですね
は実際に言葉にすると言い辛いと思ったのと、
根性版は開発チームの人達にとっての呼び名であって
プレイヤーであるわたしにとって根性でもなんでもありませんから(^_^;)


そんなわけで旧版が再稼働したものの100人にも満たないイン状態なので
いつクローズしてしまってもおかしくない状態!
出来ればイベントシーンを動画撮影しておきたいと挑戦しているのですが
元々ギリギリFF14が動いていたパソコンだからか
イマイチうまくいかなかったりです(>_<)

さて、そんな新生や旧版での出来事はとりあえず置いておいて
引き続き第七霊災と思い出を振り返る企画の第4回目!

いよいよ2012年です!

2012年

1月


新年再び 預言の詩が公開されましたね
一年前に公開された詩の続きです

-------------------- ---------------
七の月 散り 七の陽 昇りしとき
天の理乱れ 地に臥せし骸蠢かん
然れど 星海より稀人 異郷より客人来たらん
其は汝 昔日視る者 明日拓く者なり
-------------------- ---------------


其は汝→それはあなたです
と訳せますが、読み手を特定するような表現は
ヤ・シュトラさんも言っていましたが預言の文としては違和感がありますね
現実の預言書というような類がほとんど
事後にこれはあの事件を予言したものだったんだ!
なんて話になるように

アルヒャさんの日記やヒルディブランドのクエストでもわかるように
やろうと思えばどうとでもとることができてしまうものです(^_^;)

ただ、この預言は本当に古代の人が預言として書いたものではなく
ぶっちゃけて言えばスクエニのFF14開発チームが考えたもので
「お正月に吉Pがプレイヤーに向けて公開したもの」
という解釈も含めて普通に読み解くのがおそらく正しいのでしょう
それを言ってしまうと元も子もないですが・・・(^_^;)

というわけでわたしの解釈は

-------------------- ---------------
第七霊災が終わり第七星暦が始まった頃
理の乱れにより一度は倒れた骸(バハムート)が再び動き出します
しかし、かつてエオルゼアから消えた冒険者達が戻ってきます
そして外から訪れた新たな冒険者達がやってきます
それはあなた、過去を観る力を持ち未来を切り開く者です
-------------------- ---------------

一行目は言うまでもないですが第七星暦の始まりです。

二行目の地に臥せし骸蠢かんはバハムートの事だと思うのですが
そう思った理由として


終焉トレーラーでバハムートはエオルゼアをかなり壊しました
αでしか情報が出ていないと思っていたので伏せていましたが、
インタビューで出たのでここでも言ってしまうと
新生の世界は終焉トレーラーから5年後なので
そんな短期間で世界がある程度戻るには何かトリックが必要です
それはバハムートがあのあと倒されるという流れです
バハムート=蛮神と吉Pがわざわざ明かしている理由がそこにあると感じます


蛮神の設定を思い出してください
蛮神はクリスタルの力を使い現実での姿を維持しています
なので蛮神の存在自体が土地からクリスタルの力を吸い続けることになり
放置しておけば土地が力を失い生物が住めない死の大地になってしまいます。
なので帝国の目的もそうですが、冒険者は蛮神を倒し
蛮神が抱えているクリスタルの力を土地に戻さなければいけません。


しかし、旧版のストーリーでは
ネールの策略により蛮神を倒し開放した力はダラガブつまり
バハムートに送られていました。
つまりバハムートはかなりのクリスタルの力を抱えています。
それが大地に還元されればどうなるでしょう?

それが5年間で自然が回復したトリックかな?と思っています。
そもそもバハムートがあのあとも居続けていれば
エオルゼアどころか帝国もただでは済みません
こちらのインタビューを読む限り倒されて新生の世界には居ない
もしくは弱って姿を消したと捉えるのがよさそうな気がします

ただ、あのトレーラーの後どんな逆転劇があったのかはまだわからないですね
ルイゾワさんが最後の力を振り絞って何かしたのでしょうか?
そして倒された蛮神は蛮族が再び召喚することで現れるようですが
だれがバハムートを再召喚するのでしょうね?
大迷宮バハムートというコンテンツから多分復活しそうな
バハムートが居るのでしょうけど、ネール亡き今誰がそんなことをするのでしょうね?
イシュガルドと敵対するドラゴン族でしょうか?
それともやっぱりここはクリスタルタワーの主が関係していたり?

あとは新生の世界は気候が大きく変わっているところが多そうです
同じ黒衣森の中でも沼があったり紅葉していたり、あれがただの見た目のバリエーション
ではなく5年間の何かが関係していると面白いなと思ったりです

二行目で長くなってしまいました・・・(^_^;)
あとはそのままです
其は汝=それはあなた=正月にこの文章を読むプレイヤー=冒険者
という解釈であれば3行目と4行目はまるごと冒険者のことを指しています
3行目に二種類の来訪者を指す言葉があるのは
こちらのインタービューで出ている
レガシープレイヤーと新規プレイヤーは新生を始めた時最初のエピソードが異なる
という点に関係していると思われます。

「星海より稀人」
 レガシープレイヤー
 終焉トレーラーの闘いで次元の狭間に送られ5年後の世界に帰ってきた冒険者
 ターミネーターの様に(古い?あと裸は困りますよ!)
 都市から少し離れたひと目の付かない場所に出現、見慣れぬ土地に驚くも
 突然現れた不審者(新生の重要人物?)に大まかな状況を教えられる、そして都市に向かうが
 あの時の英雄だよ!って言っても信じてもらえず都市の首脳やシドにも会わせてもらえず
 とりあえず信用を得るために再び下っ端から再出発
 
「異郷より客人」
 新規プレイヤー
 レガシープレイヤーが旧版を始めた時のように
 外からどこかの都市を訪れ冒険者になるという展開
 あの「フィ〜ル」はさすがになくなっている気がします(^_^;)
 でもやっぱりどこかで過去を観る力に目覚める?

といった感じになるのではないでしょうか?
ただ・・・あるひゃさんの日記やヒルディブランドクエストを見ていると
この預言ってボケて解釈するのが正しいのでは・・・と元関西人としては思ったりです
う〜んストレートすぎて面白みが足りない?(^_^;)

さて、預言だけで話が長くなってしまいました・・・

1月の出来事といえば 最後の群民でしょうか?
未公開エリアに入れるということで人が殺到して大変でしたね〜

結局彼らは何者なのでしょうね?
状況的にこういうカルトな集団が現れるのはおかしくない気もしますが
ネールがそうであるように蛮神であるバハムートの影響を受けていたのでしょうか?
だとすれば新生でバハムートの復活を企む集団として再登場?

その頃のわたし
ココアサブレを焼いてみる




というわけで今回はここまで!
ひと月だけで終わってしまいました・・・
最後までたどり着くのはいつになるのでしょう(^_^;)

それではまた次回!続きを読む
posted by ココアサブレ at 22:30| Comment(0) | 旧ロードストーン

2012年11月19日

吉Pの二年と第七霊災!なの♪(3)

こんばんわ!ココアです♪

今日も前回に引き続き第七霊災と思い出を振り返る企画です!

それではさっそく♪

2011年

10月
新生FFXIV発表!

この月は出来事がすごく多いですね〜


飛空艇で移動ができるようになりました
旧FF14ではイベントシーンのみの瞬間移動で終わりでしたね
新生では空の旅を楽しんだりしてみたいものです


グランドカンパニー正式配属
3国の首脳の演説は良かったですね〜
わたしは黒渦団のメルウィブ提督がお気に入りです♪


そしてチョコボに乗れるようになったのもこの時でした


蛮族砦もこの頃でしたね〜
大勢で砦に挑んだりしましたね


そしてメテオ計劃という言葉が出てきました


そしてメインクエストでは話すだけで終わったイフリート登場!
実装当時はすごく難しかった気がしますね


そしてネール・ヴァン・ダーナス


この時はすでに妙な力を使っていましたね
裁きの光とか焼きつくすとか今となってはメガフレアをイメージしますが・・・
この力はアラグ帝国由来のものなのでしょうか?
それともバハムートから力を与えられていた?


そしてあのルイゾワさんが登場したのもこの時
あまりいいSSがなかったです(^_^;)


ちなみにこの方も登場していました
この方の登場はこの一回きり、しかも過去を観る力で見た姿でした
新生ではちゃんと対面できるのでしょうか?

さらに 第一回PレターLIVE

ほんと出来事が多いですね・・・(^_^;)
さらにさらに 新生FFXIV発表!

これくらいでしょうか?(^_^;)

その頃のわたし
新生に興味津々
新生αに参加している人がこの記事を見るとわりとほほぉ〜と思うことがチラホラと?
あと黒く塗りつぶされている箇所も今なら大体わかるような?
もう一度新生の資料を見なおしてみるのもいいかもしれませんね〜

一周年記念イベント

お絵かき
引越しも落ち着いたしそろそろまた何か描きたいですね〜



11月
チョコボの〇〇◯


新生FFXIV発表後の PレターLIVEが行われました

ハロウィンイベントのクッキーがチョコボの〇〇であることが・・・
それ以外にはそれほど興味深い内容はないようですね

その頃のわたし
メインクエストの謎を調査
これに関してはまた次回以降さらに新生に向けたまとめをやろうかと思っています

あずきの剣術がカンスト?



12月
モグル・モグXII世

震災の影響からタイタン、リヴァイアサンの実装が中止され急遽導入されたのが
このモグル・モグXII世のようです。
しかしこのコンテンツは蛮神召喚というものがどういう物なのか考えるのに
興味深いコンテンツでしたね


この頃ダラガブがついに月の軌道を外れ始めます


メインクエスト46以来のガイウス登場
このクエストではシドとガイウスの関係がいろいろ語られて興味深いのです


SSを眺めていると気になる一枚がありました
10年前に起こった出来事
それはシドが行ったことで
それはガイウスがエオルゼアを侵略することを妨げたようです
そしてその行為は現状の問題の根本に・・・


10年前と言えばダラガブの制御に失敗した「シタデル・ボズヤ蒸発事変」がありますが
それはシドの父親が起こした事です。
ガイウスの言葉はそんな間接的なことではなく
もっと直接シドがなにかやったように受け取れませんか?
10年前と言えばもっとエオルゼアに直接関わりのあるあの出来事が・・・
シドを始めガーロンドアイアンワークスの亡命には「シタデル・ボズヤ蒸発事変」
が関わっているそうですが、そういえば10年前のあれとこれってどちらが先で・・・


この時ダラガブがアラグ帝国の作ったものだということが判明します
それにしてもこの時のクエスト今見るとかなり興味深い気がします

その頃のわたし
だいちさんのツアーに参加したり

変な クリスマスイベント
今年は公式にイベントも無いでしょうから、その時サーバーが動いていれば
何かやりたいところですね〜



というわけで2011年はここで終了!
後半はかなり大きな展開が増えてきましたね

いよいよ次回からは2012年!
更新は少し間が空く予定です続きを読む
posted by ココアサブレ at 20:50| Comment(0) | 旧ロードストーン

2012年11月18日

吉Pの二年と第七霊災!なの♪(2)

またまたこんばんわ!ココアです♪

前回に引き続き吉P就任後から現在まで
第七霊災関係の出来事を振り返りながら思い出も振り返ってみる企画です!

それではさっそく♪

2011年

6月
モンスター使いウリエンジェ


7月
グランドカンパニー設立!

グランドカンパニーが設立されプレイヤーが仮配属できるようになりました
同時に幾つかのクエストが実装され第七霊災へ至るまでの重要な単語がついに登場します


メインクエスト以来の救世詩盟メンバーの登場
サンクレッドさんのSSどこに行ったかな・・・(^_^;)


そしてシド、更にメテオという単語もここで登場


同時にコンテンツが殆ど無かったFF14において インスタンスレイドダンジョン
トトラクの千獄とゼーメル要塞が実装されました。
この2つのコンテンツも第七霊災に関わるコンテンツになっていますね

どちらのダンジョンも帝国が入り込んだことが探索のきっかけなわけですが
帝国の目的は一体なんだったのでしょうね?
トトラクは調査してすぐ撤収したのか帝国兵は残っていません
ゼーメルはずっと居座っていますね。そしてゼーメルにはヴォイド絡みのモンスターが・・・


後はこの頃属性を失ったクリスタルを交換してくれるNPCが登場しました
確か月の運行とクリスタルから属性がなくなるのが関係しているとかでしたけ?
この頃すでにダラガブにクリスタルの力が送られていたのでしょうか?

さらにこの頃修理素材がダークマターに統一されました
これは修理システムの簡略化に伴う変更ではあるのですが
「エオルゼアに訪れる激変の予兆」でもあったようです

そしてこの頃から帝国兵が各地に攻めてくるようになります
どうも陽動っぽい雰囲気だったのですが真の目的はいったい?

あとこの頃よく見かけたアルフガルさんって何者なのでしょうね?

その頃のわたし
エオルティクス
またやってみたいな〜と思うのですけどね
イクスさんのように進行役の人がいてくれないと・・・(^_^;)
ほら、アルファのグリダニアを見た感じ街の中もかなり整理されていそうですし
呪術ギルドのあの無駄な空間って新生でなくなったり・・・
リムサの桟橋も減ったりすると釣りすごろくイベントができませんね

数少なくなったあずきの出番SBJ

ララダービー

トレンドの帽子(^_^;)



8月
ついにダラガブに異変が!?

公式イベント 紅蓮祭が行われました
昭和の怪獣映画風のポスターと 水着 防火装備を身につけ怪獣ボンバード
を退治するというイベントでした。

そしてこのイベントと同時に
ついにダラガブが赤くなりました
イベント内容は隕石からボンバードが現れるというものでした
果たして隕石の中にボンバードが入っていたのか?
隕石にボンバードを呼び寄せる力があったのか?
隕石ということでダラガブの欠片だったりしたのでしょうか?

あと、この頃GMさん扮するネールが演説をするという出来事があったようですが
残念ながら見ることができませんでした(^_^;)
内容はウリエンジェを捕らえて差し出せというものだったようですね

その頃のわたし
水着で撮影会

クロが早くもLV50に



9月
そういえばあのイヤリングのデザインって・・・

ハンターズムーンというイベントが行われました


隕石(ダラガブの欠片?)から作られたイヤリングが白いネズミに盗まれるという事件
なぜネズミはイヤリングを盗んだのでしょう?
そういえばあのネズミ変なオーラが出ていましたね
バハムートの影響が小動物に?

そしてイヤリングの飾り
当時フォーラムで意味深な発言があった気がしますが・・・
あれはバハムートなのですかね?
小さすぎてよくわかりません(^_^;)
サーバーが再起動したら自分では大きくして見れないので
誰かにじっくり見せてもらいましょう!

帝国隊長の名前が公開されました
メインクエストでも姿が見られる黒い方のガイウスですが
これまで名前が出ていませんでした。そして白い方ネール・ヴァン・ダーナス
このキャラがまさか旧FF14のラスボスになるとはまだ誰も思わなかったでしょう

その頃のわたし
街に記者が登場

CEプレイヤー正式サービス一周年



というわけで第二回でした!
ちょっと短めですが次回が長くなりそうなのでここで一旦区切ります

次回は正式サービス一周年、そしてイフリート登場!続きを読む
posted by ココアサブレ at 17:25| Comment(0) | 旧ロードストーン

2012年11月17日

吉Pの二年と第七霊災!なの♪(1)

こんばんわ!ココアです♪


さて、旧FF14が終了して一週間
そろそろ思い出話でも書いてみようかな?
と思ったりするわけですが、ただ書くのも面白く無いので
吉P就任から現在に至るまで、月々の思い出を交えて第七霊災を紐解く!
そんな感じの企画で進めていこうかと思います♪

書いてみたらものすごく長くなってしまったので数回に分けて掲載する予定です(^_^;)

では早速!

2010年
12月
吉P就任、新体制へ

正式サービスからおよそ二ヶ月
明らかに大失敗で始まったFF14
様々なバージョンアップや改修予定が告知されるも芳しくなく
ついに当時のプロデューサー及びディレクターが解任され
大きく体制を変えて新たな船出を迎えることとなったわけです。


この頃行われたインタビュー
1月1日から何らかの仕掛けを行うようなことを言われていますね

ちなみにその頃のわたしはダメダメなゲームだと思いつつも
新しい世界に新しい仲間と出会い、そしてロードストーン日記でのコミュニケーションの
面白さにハマりそれなりにFF14を楽しんでいました。
しかし同時にゲーム内コミュニティーの脆さを知った時期でもありましたね


2011年

1月
新体制移行後最初のお正月、吉P初心表明

吉田Pより挨拶がありましたね
そしてここで公開されたのが「メザヤの預言第七節」
当時は7月にすごいバージョンアップがあるんじゃ!?
とか言われていましたが、この詩が第七霊災、後にメテオに至る最初の情報でした

-------------------- ---------------
六の陽 没し 七の月 輝きしとき
群雲よ り紅き炎降り 奈落より 黒き闇湧かん
然れど 古き灰に 新しき種は蒔かれり
其は汝 魔断つ勇の剣 獣畏る優の灯なり
-------------------- ---------------

最初の一行目は第六星暦が終わり第七霊災が訪れるという意味
二行目はメテオと終末イベントのアトモス
三行目から四行目でそれを乗り越える鍵はプレイヤー=冒険者
ということが書かれているのだと思います。

霊災という単語は体制変更以前からソーサラーのギルドで読み取ることができるため
第七霊災を題材としてFF14を変革していくという事はこの時点でも予想は可能でした。

ちなみにこのお正月の挨拶で同時に最初のアンケートが行われました
ここで
「現在のエオルゼアのルールが変わるほどの改編を望みますか?」
というような項目がありました。
結果ではわたしを含めほとんどのプレイヤーはこの項目を「はい」と答えたわけで
これにより新生の開発がスタートしたのだと思われます。

この頃のわたし
ベル付きの杖が欲しくて羊を虐殺していました
バザー大会に参加していました
あずきの登場



2月
大きな変化はなし?

パッチは何度かあったようですが
第七霊災に関わる出来事は特にありませんでした
体制も変わったばかりですしそんなに大きく変わったりはしないですよね?(^_^;)

第七霊災に関係無いですがアンケートがまたありましたね
主にバトル関係のアンケートでしたか?

ちなみにわたしは
すっかり忘れていたリテイナーのキャラ設定

鬼ごっこやりましたね

ヴァレンティオンデー(^_^;)

リレー記事「ウルダハ失踪事件」

後に全サーバーに広まる釣りすごろくイベント



3月
FF14がと言うより日本にとって・・・

この月もFF14にとっては大きな変化のない月でした・・・
と言うよりまだまだ忘れることが出来ない震災の月です
FF以前にみんな大変な時でした
FF14は一度サービスを停止し月の終わりごろに再開となりました

その頃のわたし
・・・(〃□〃)



4月
卵イベント

これまでのFF14公式イベントと言えば
ベルを鳴らすと素材が手に入り、クラフターが加工するとアイテムができるだけ!
というものでした・・・クリスマス、お正月、バレンタイン・・・
毎回パターンが同じすぎていい加減飽きていた公式イベントにようやくまともな
ものが登場でしたね!

ところでこのイベントは
ただ、卵を街で集めると帽子がもらえる第一弾
スプリガンに卵を盗まれて取り返しに行く第二弾
となっていました

そして結末

-------------------- -------------------- ---------
〜グリダニア、紅茶川の畔にて〜

「やれやれ、どうやら記憶の洗浄には成功したようだ」
男は苦笑いしながら、灯明にかざしていた「週刊レイヴン」を置いた。

「放っておけば、街はパニックだったわ。彼女には悪いけど、まだ準備ができていないから」
背後の樹上から女が答える。

「急がねばならん。感受性に優れた者が、すでに気づき始めている。
そのうち、すべての者が知ることになるが、今はまだ…
男は煌々と照らす満月を見上げながら呟いた。
-------------------- -------------------- ---------
そういえばこんなことが書かれていました
次の年に何かわかると思いましたが・・・
満月 が示すのはやはりダラガブ?第七霊災につながる何かだったのでしょうか?
最初の告知文にある輝ける卵がダラガブ、そしてその中に入っていたバハムート・・・
ジリやスプリガンはバハムートの影響を受けていたのでしょうか?

そして属性を失ったクリスタルが出現しました
当時不審者と言われたGM扮装のキャラが現れたのもこの頃
それを示す タウンリポートもありました
最初は雨が降ると属性を失ったクリスタルが出現するとかでした?

その頃のわたし
あずきで変態プレイにハマる(^_^;)

その他実装されたNMを倒したりとか海賊衣装にハマったりとか・・・



5月
不審者を追え!

GMさんが扮する不審者=ウリエンジェが各地のキャンプに出現すると
本格的に多くのプレイヤーが知ることとなったこの月
ウリエンジェはメザヤの預言を呟いては消えてゆくというものでしたね
時間帯によって英語だったりドイツ語だったり・・・
GWでもあったので徹夜でキャンプに張り込みしましたね〜(^_^;)

それにしてもウリエンジェってどう見ても悪人じゃないです?
絶対メインクエストの天使いと関係あると思ったのですけどね!
あの刺青でよーく考えれば救世詩盟関係者だとわかったはずなのですが・・・(^_^;)

その頃のわたし
いつも通りユーザーイベントに参加したり

そろそろあずきではしゃぐのに飽きてくる(^_^;)

SBJ結成

クロを作るきっかけ

逃走中



というわけで第一弾でした!
まだ11年の5月・・・(^_^;)

次回はいよいよグランドカンパニー設立!続きを読む
posted by ココアサブレ at 22:10| Comment(0) | 旧ロードストーン

2012年11月15日

暇なときは世界設定?なの♪

こんばんわ!ココアです♪

日曜日で現行版FFXIVが終了してしまい
今週からFFXIVができない生活なわけですが、微妙に暇ですね(^_^;)
いえ、実際はやることがたくさんあるのですがなんとなく・・・(;¬_¬)

フォーラムによれば来週くらいに再始動するそうですが
セーブもパッチも無い旧FFXIVを遊ぶ人はどれくらいいるでしょうね
でも人がいたら初期の頃のようにユーザーイベントとかチャットで楽しみたいところです
エオルティクスとかやってみたくないですか?(≧▽≦)

さて、そんな微妙に暇な感じなので今回は
ネタに困ったときの世界設定考察日記です!(^_^;)


日曜のワールドダウンと共に公開された終焉トレーラー
驚きとともに数々の謎を残してくれました

ちょうどいい具合に吉田Pが面白そうなネタを フォーラムに書き込んでくれていますね
これはあくまで最後バハムートが出てくることの伏線
なのでしょうけど何か今後へのヒントも隠れているかもしれません!
これを元にすこし考えてみましょう!

「ダラガブは古代アラグ帝国が打ち上げたもので、人工物である」

GCクエストの過程でシドから聞くことが出来る情報ですね。
この点はすでに 以前に書いているのですが
アラグ帝国はどういう目的でダラガブを打ち上げたのでしょう?

可能性1
バハムートが手におえないため封印して宇宙に打ち上げた
わりと妥当な感じがしますね。
でもダラガブって地上と交信して操作できるようになっていたりしますよね?
後何で月の衛生になっていたのでしょう?

可能性2
アラグ帝国の兵器
1で書いたバハムートはアラグ帝国にとって手に負えない存在だった
というのは結構あるんじゃないかな?と思います。
なので封印した上で追い出すのではなく自国に有利な形で兵器として力を引き出す装置
それがダラガブなのでは・・・と思いましたがそこまで出来るなら別に宇宙に
打ち上げなくてもいいんじゃ・・・と思ったりです(^_^;)

可能性3
と書いてみたものの他に何かありますかね〜?(^_^;)
そういえば最初にダラガブをガレマール帝国が制御しようとした際
実験に失敗して都市が蒸発したとクエストで語られていましたね
その実験ではダラガブは起動したけど動きはしていないようです
遥か離れた地上の都市を消し飛ばすとはすごい力ですね
となるとやっぱり兵器?

そうそう、ダラガブとの交信に「塔」が必要ということで真っ先に新生で現れるという
クリスタルタワーを思い浮かべたのですが、その後クリスタルタワーはモンククエスト
で少し話題になったくらいで全然出て来ませんね・・・
クリスタルタワーもアラグ帝国が建造したものっぽいですが
そもそもなんのために建てた塔なのでしょうね?
「塔」ということでやっぱりダラガブと交信して何かを行なっていたのでは・・・



「それぞれの族には対応する神がいる」(蛮族の神=蛮神、人間の神=12神)

蛮神とは何か?
以前こんな日記を書きましたね

記事の内容を簡単にまとめると
蛮神召喚とは
「信仰や物語に存在する架空の神や英雄を現実の存在として実体化させてしまう術」
ということです。
なぜそう考えるのか?は上の記事を読んでもらうとして・・・
記事に書いていなかったのですが、旧FF14のメインクエストでは
イフリートの青い炎に焼かれるとイフリートの下僕になってしまうような描写がありました
蛮神には自分の信者ではない種族も信者に取り込む力があるようです
人の想像とクリスタルの力で存在しているとすると、信者が増えるほど
存在を維持しやすくなるとか力が強くなるとかそういうことなのかもしれません。

メテオ計劃におけるネールの目的は結局バハムートの復活にあったわけですが
もしかするとメテオ計劃の実験過程で蛮神であるバハムートの力により
いつの間にか信者と化して操られていたのかもしれませんね。



「ネールは古代アラグ帝国の血を引いている」

これもクエストで出てきましたが・・・
アラグ帝国からの末裔ということでダラガブの制御法がわかった
という以外に何かあるのでしょうか?
最初から中にバハムートが入っていることを知っていたとか?
もしかしてクエストのセリフに何か面白い秘密が隠れているのかも?
サーバーが再起動したら見なおさないとですね!



「イシュガルドの神学者が帝国にさらわれた」

これはほとんど内容を覚えていなかったのですが・・・
調べたところドラゴン族の神についての情報を持っていたのだとか?
つまりバハムートは・・・



「これ以上神など呼ばせるものか(ガルーダのセリフ)」

神は種族ごとに存在していますが
それぞれの蛮神は世界で唯一の神になりたいような雰囲気があります。
自身の存在の維持に土地の力と人の想像力が必要だとすれば
他の神は存在の維持に必要な資源を食い合う存在ですからね。
つまりダラガブの中には蛮神が居るという伏線だったわけですね



「クリスタルのチカラがダラガブに送られている」

蛮神は維持にクリスタルの力が必要
つまりダラガブの中にいる蛮神に力を送っていたということですね


ちなみに「竜族」もエオルゼアの人々が呼ぶ「蛮族」に該当します。つまりは…

つまりはバハムートとはその姿と過去のシリーズのイメージ通り龍族の・・・



そうそう、あと今後の展開についてのヒントもPレターライブにありました!

「十二神の祈りは一見通じなかったように見えましたが・・・」
「大迷宮◯◯◯◯◯の正体は大迷宮バハムート」
一見通じなかったように見えたということはちゃんと祈りは通じていたという事
大迷宮バハムートというダンジョンがあるということは、
あのトレーラーの後バハムートは封じられたか何かで、その場所がダンジョンになっている
新生では復活しそうなのを阻止するとかそういう理由でダンジョンを攻略することになる
ということなのではないでしょうか?

あの感動の動画のあとルイゾワさんがあっさりバハムートを封印して
ケロッと生きていたら・・・ある意味嬉しいかもですが
勝てるなら冒険者を未来に送らなくても良かったじゃないか!となるので
きっと相打ちとかなのでしょうね・・・(^_^;)



というわけで終焉トレーラーの謎を考えてみましたがどうだったでしょう?
結局新生にならないとわからないことばかりということで・・・(;¬_¬)
それにしてもこれだけ伏線がありながら全くバハムートに辿りつけなかったとは
わたしもまだまだですね・・・(^_^;)
次回も暇なので新生に向けて残っている謎とかまとめてみましょうか〜

それでは今回はこの辺で♪続きを読む
posted by ココアサブレ at 22:43| Comment(0) | 旧ロードストーン

2012年11月11日

エオルゼアの最後?なの!

こんばんわ!ココアです


とうとう現行FF14最終日
全ワールドダウンを迎えてしまいました
最終決戦イベントは落ちたりで予想通りグダグダでしたが・・・
ワールドダウン後に公開された動画はどうでしたか?
最終イベントとしては最後が動画というのは少し物足りない気もしますが
バハムートが出てくるという驚きの内容以上に
壊れ行く世界の様子からこれまでの思い出を振り返ってしまい
少しこみ上げてくるものがありました

わたしが始めたαテストの日からおよそ2年と7ヶ月
いろいろなことがありましたね・・・
そんな思い出話はまた機会があればするとして
今回は最終イベントの様子です!


突如30分寝てからベッドを調べると
レリック武器が神様から頂けるということで
早速全武器コンプリートを目指しました!(^_^;)

3日ほどかかりましたね・・・(;¬_¬)

というわけでお披露目です♪

あずきのナイトと詩人


かつての変態ぶりはどこへやらというくらいのかっこ良さですね(^_^;)


詩人姿もなかなかです!
やっぱり楽器として演奏しているような姿がほしいですね〜



ココアの白(黒も手に入れたけどあまりクロと違いが・・・)


これなら黒いとかダークとか言われないなの・・・(;¬_¬)



クロの7ジョブ全部!と思ったら白撮り忘れていますね(^_^;)
ま〜ココアと大差ないということで(;¬_¬)


クロのメインジョブ竜騎士
やはりゲイボルグとAFを合わせるとカッコいいですね〜
新生でちゃんと手に入れたいところです!


戦士の武器はちょっと地味・・・(^_^;)


モンクは爪があるガルーダとかGC武器のほうが好みかもですね


黒・・・もう別にクロじゃなくても誰でもいいような・・・(^_^;)


ナイト・・・盾忘れていました(^_^;)
なかなかかわいい・・・とか言われても嬉しくないんだからナ!(〃□〃)


ララの詩人は結構かわいいですよね?
でもカワイイとか言うなヨ!(〃□〃)


手に入れたついでにリコさんと撮影に行って来ました!


何を謝っているのかと思ったら・・・(^_^;)


モードゥナとダラガブの風景は
今見ると動画を思い出してちょっと悲しくなってきますね・・・
この場面、クロにはヒュラリコと撮らせてあげればよかったですね


ザンデ霊廟で撮ったり、だいちさんと合流して
ダラガブと黙約の塔が同時に撮れる場所をさがしたりです


ココアでも撮影
なぜかこの子を立たせると悪役側に見えるような気が・・・(;¬_¬)



そしてリキッドラックのメンバーとも撮影に行って来ました!



ブルーさんの好みにお任せしましたが
公式の最終動画ともちょっとつながりがあったりで今見るとなかなか感動!・・・(>_<)


そして最終決戦!


の前にルイゾワさんにご挨拶
動画ではカッコ良かったですね!
新生でこの方は生き残っているのでしょうか?


そして決戦現地!
5時間ほど前から入っていました(^_^;)
表示制限があるので大したことないように見えますが
すでに80名以上!始まったらサーバー落ちるんじゃ・・・とかなり心配でした(^_^ ;)


戦場にメガネバザーが!


この方はいつも通り!\(≧▽≦)/

サーバーは軽く数百人に到達し
一部のワールドでは開始前からサーバー落ちが・・・(^_^;)


そしてやっぱり・・・(^_^;)


モードゥナはまともに入れそうもないですし
ワールドダウンの瞬間を迎えたいだけなのでこの方に急遽出動をお願いしました(^_^;)


ウルダハも重くなりそうなので最後はどこで過ごそうかとあちこちにテレポ


結局この辺で落ち着いたようです(^_^;)


と、思ったら他のLSの方々がいっぱい来てしまったので移動
オータムナルがメガネ祭りをしているという噂を聞き言ってみると
おかしなお祭りが・・・(^_^;)


そしてメガネ撮影会に参加♪


そして15分前!
ウルダハで花火大会です♪


そしてみなさんと最後のご挨拶


特になんのメッセージもなくサーバーダウン(^_^;)



そしてワールドダウン・・・
結果的にグダグタになってしまった感が否めないですね・・・(^_^;)
最終日にかなり人が集まることは予想できたでしょうし
もう少し何とかして欲しかったというのが正直なところです。
でも、その後の動画は結構グッと来たのですけどね
贅沢を言うなら自キャラに出演して欲しかったという感じでしょうか(;¬_¬)

さて、ここからは動画の検証ですが



ラストの内容はダラガブから何か出てくるというのは結構予想通りですね
バハムートは予想外でしたが・・・
(バハムートと明言されていませんが見た目的に11とほぼ同じなので多分間違いないかと)
ネールの話しかけていた相手、ネールが祈るとなぜメガフレアが降ってくるのか?
今思えばバハムートの伏線だったのですね


破壊されてゆくエオルゼア・・・(>_<)


そして、12神の召喚
ルイゾワさんを始め救世詩盟の方々がカッコいいですね
どうやら3国は無事だった模様ですが結構被害を受けていそうです


しかしバハムートの再封印は失敗し・・・


ここで冒険者は次元の狭間に送られてしまいます
最後のルイゾワさんの笑顔が悲しいですね・・・

さて、これで動画は終了ですが、この後どうなってしまうのでしょうね
エオルゼアはバハムートに破壊しつくされてしまうのでしょうか?
新生の世界は公開されている動画から今のNPCがほぼそのままの姿で出てくるようで
そんなに遠い未来では無さそうです。

50年以内と思っていましたが、せいぜい数年かもしれませんね
となると冒険者が転送された後、少なくともバハムートは何らかの方法でいなくなり
エオルゼアは助かったはずです。
それは新生から明らかになるのでしょうか?

また機会があったらもう少し色々考えてみましょう



というわけで・・・
ひとまずFF14の幕は一旦降りました。
今まで一緒にプレイしてきたみなさん、おつかれさまでした
沢山の思い出をありがとうです!

もちろんこれでお別れではありません!
でも新生はまだαテストですから
正式サービスは結構先になってしまいそうな気がします・・・
現行版を再度起動する話もありますが、最終セーブ日以降の様子を
見るとなかなかインする人も少ないでしょう。
しばらくは他のゲームで遊ぶという人も多いですし
新生αやβもみんなができるわけではありませんしね・・・
それでもみなさんとまた会える日を楽しみにしています!

この日記は一旦今回で終了とするつもりですが
時間があったら思い出話などで更新をするかもしれません
そうそう、19時からはPレターライブです!
面白い情報があればこちらも書くかもですね♪
新生が始まれば当然また日記も書くことになるでしょう!


というわけでまた次回お会いしましょう!(≧▽≦)/続きを読む
posted by ココアサブレ at 17:36| Comment(0) | 旧ロードストーン