2012年11月15日

暇なときは世界設定?なの♪

こんばんわ!ココアです♪

日曜日で現行版FFXIVが終了してしまい
今週からFFXIVができない生活なわけですが、微妙に暇ですね(^_^;)
いえ、実際はやることがたくさんあるのですがなんとなく・・・(;¬_¬)

フォーラムによれば来週くらいに再始動するそうですが
セーブもパッチも無い旧FFXIVを遊ぶ人はどれくらいいるでしょうね
でも人がいたら初期の頃のようにユーザーイベントとかチャットで楽しみたいところです
エオルティクスとかやってみたくないですか?(≧▽≦)

さて、そんな微妙に暇な感じなので今回は
ネタに困ったときの世界設定考察日記です!(^_^;)


日曜のワールドダウンと共に公開された終焉トレーラー
驚きとともに数々の謎を残してくれました

ちょうどいい具合に吉田Pが面白そうなネタを フォーラムに書き込んでくれていますね
これはあくまで最後バハムートが出てくることの伏線
なのでしょうけど何か今後へのヒントも隠れているかもしれません!
これを元にすこし考えてみましょう!

「ダラガブは古代アラグ帝国が打ち上げたもので、人工物である」

GCクエストの過程でシドから聞くことが出来る情報ですね。
この点はすでに 以前に書いているのですが
アラグ帝国はどういう目的でダラガブを打ち上げたのでしょう?

可能性1
バハムートが手におえないため封印して宇宙に打ち上げた
わりと妥当な感じがしますね。
でもダラガブって地上と交信して操作できるようになっていたりしますよね?
後何で月の衛生になっていたのでしょう?

可能性2
アラグ帝国の兵器
1で書いたバハムートはアラグ帝国にとって手に負えない存在だった
というのは結構あるんじゃないかな?と思います。
なので封印した上で追い出すのではなく自国に有利な形で兵器として力を引き出す装置
それがダラガブなのでは・・・と思いましたがそこまで出来るなら別に宇宙に
打ち上げなくてもいいんじゃ・・・と思ったりです(^_^;)

可能性3
と書いてみたものの他に何かありますかね〜?(^_^;)
そういえば最初にダラガブをガレマール帝国が制御しようとした際
実験に失敗して都市が蒸発したとクエストで語られていましたね
その実験ではダラガブは起動したけど動きはしていないようです
遥か離れた地上の都市を消し飛ばすとはすごい力ですね
となるとやっぱり兵器?

そうそう、ダラガブとの交信に「塔」が必要ということで真っ先に新生で現れるという
クリスタルタワーを思い浮かべたのですが、その後クリスタルタワーはモンククエスト
で少し話題になったくらいで全然出て来ませんね・・・
クリスタルタワーもアラグ帝国が建造したものっぽいですが
そもそもなんのために建てた塔なのでしょうね?
「塔」ということでやっぱりダラガブと交信して何かを行なっていたのでは・・・



「それぞれの族には対応する神がいる」(蛮族の神=蛮神、人間の神=12神)

蛮神とは何か?
以前こんな日記を書きましたね

記事の内容を簡単にまとめると
蛮神召喚とは
「信仰や物語に存在する架空の神や英雄を現実の存在として実体化させてしまう術」
ということです。
なぜそう考えるのか?は上の記事を読んでもらうとして・・・
記事に書いていなかったのですが、旧FF14のメインクエストでは
イフリートの青い炎に焼かれるとイフリートの下僕になってしまうような描写がありました
蛮神には自分の信者ではない種族も信者に取り込む力があるようです
人の想像とクリスタルの力で存在しているとすると、信者が増えるほど
存在を維持しやすくなるとか力が強くなるとかそういうことなのかもしれません。

メテオ計劃におけるネールの目的は結局バハムートの復活にあったわけですが
もしかするとメテオ計劃の実験過程で蛮神であるバハムートの力により
いつの間にか信者と化して操られていたのかもしれませんね。



「ネールは古代アラグ帝国の血を引いている」

これもクエストで出てきましたが・・・
アラグ帝国からの末裔ということでダラガブの制御法がわかった
という以外に何かあるのでしょうか?
最初から中にバハムートが入っていることを知っていたとか?
もしかしてクエストのセリフに何か面白い秘密が隠れているのかも?
サーバーが再起動したら見なおさないとですね!



「イシュガルドの神学者が帝国にさらわれた」

これはほとんど内容を覚えていなかったのですが・・・
調べたところドラゴン族の神についての情報を持っていたのだとか?
つまりバハムートは・・・



「これ以上神など呼ばせるものか(ガルーダのセリフ)」

神は種族ごとに存在していますが
それぞれの蛮神は世界で唯一の神になりたいような雰囲気があります。
自身の存在の維持に土地の力と人の想像力が必要だとすれば
他の神は存在の維持に必要な資源を食い合う存在ですからね。
つまりダラガブの中には蛮神が居るという伏線だったわけですね



「クリスタルのチカラがダラガブに送られている」

蛮神は維持にクリスタルの力が必要
つまりダラガブの中にいる蛮神に力を送っていたということですね


ちなみに「竜族」もエオルゼアの人々が呼ぶ「蛮族」に該当します。つまりは…

つまりはバハムートとはその姿と過去のシリーズのイメージ通り龍族の・・・



そうそう、あと今後の展開についてのヒントもPレターライブにありました!

「十二神の祈りは一見通じなかったように見えましたが・・・」
「大迷宮◯◯◯◯◯の正体は大迷宮バハムート」
一見通じなかったように見えたということはちゃんと祈りは通じていたという事
大迷宮バハムートというダンジョンがあるということは、
あのトレーラーの後バハムートは封じられたか何かで、その場所がダンジョンになっている
新生では復活しそうなのを阻止するとかそういう理由でダンジョンを攻略することになる
ということなのではないでしょうか?

あの感動の動画のあとルイゾワさんがあっさりバハムートを封印して
ケロッと生きていたら・・・ある意味嬉しいかもですが
勝てるなら冒険者を未来に送らなくても良かったじゃないか!となるので
きっと相打ちとかなのでしょうね・・・(^_^;)



というわけで終焉トレーラーの謎を考えてみましたがどうだったでしょう?
結局新生にならないとわからないことばかりということで・・・(;¬_¬)
それにしてもこれだけ伏線がありながら全くバハムートに辿りつけなかったとは
わたしもまだまだですね・・・(^_^;)
次回も暇なので新生に向けて残っている謎とかまとめてみましょうか〜

それでは今回はこの辺で♪続きを読む
posted by ココアサブレ at 22:43| Comment(0) | 旧ロードストーン